税金の控除 税金には控除というものが存在します。すべてにおいて税金が課せられるのではなくて、控除とある場合は、それだけは差し引かれて計算されるのです。控除が多ければ多いほど、税金がかかりにくくなるということになります。税金の控除には、種類が色々とよくあるのです。まず、基礎控除といわれている控除は、税金を納める人すべてに認められる控除で33万円です。そして配偶者控除は、配偶者である人の前年の所得が38万円以下の場合は、33万円の控除が引かれます。そして老人配偶者控除になったらこの金額にプラス5万円で、38万円控除されるのです。 配偶者特別控除は、配偶者の所得によって3万円から、33万円の範囲内で決められます。扶養控除も前年所得が38万年以下の扶養者がいる場合に33万円控除されるのです。今紹介した控除は、所得税にかかってくる控除ということになりますが、その他にも、社会保険料控除や、生命保険料控除、医療費控除などがあるでしょう。 住宅ローンを組んでいる人だったら、住宅ローン控除などがあるでしょう。年末調整の時期に、すべての控除について書類などを提出することになり、その結果、所得税を支払い過ぎていると言ったような場合には、還付金が受け取れる仕組みになっているのです。 税金については少々複雑ではあるものですが、控除についてよく理解した上で、手続きや申請をしっかりと行っていれば、節税にも繋がるでしょう。控除を調べた上でその対象になったのかしる事は、一番すぐにでも出来る節税方法と言っても良いはずですー